貸事務所のメリット

オフィスビル

会社等で賃貸事務所を契約して自社の事務所として営業する場合があります。それまでいた事務所の建物が古くなったり、社内の人員の縮小で小さい事務所での運営に変更したりする場合など、事情は様々です。そのような際、今後の企業の戦略等で新規商品への参入等を考えていて、社内組織がすぐに変更となって事務所の規模もどれくらいが適当か分からないような場合、とりあえず賃貸事務所に間借りすることもあります。 この場合、なるべく交通アクセスの良い場所に賃貸事務所を契約する方がベターでしょう。徒歩で電車の駅まで5分等の場所なら非常に便利で、営業の社員等も楽です。逆にこれが遠い場合、社員も営業に出るのが億劫になり、業績に影響が出たりしてしまいます。

賃貸事務所の利点は、会社の先の戦略等でその事務所を移転するなどの際も手続きが簡単な点にあります。自社ビル等を持っていると売却等の手続きが非常に複雑で時間がかかってしまいますが、賃貸の場合は賃貸契約を解除し、荷物を運び出してしまえばそれで完了となります。また、費用も月々の賃貸料のみ支払えばいいわけで、その点も土地付きビルを持っている際に必要な固定資産税等を払う必要もないのです。 賃貸事務所は不動産屋さんにも物件が出ています。地元の不動産屋に行けばその地域の情報を何かと知っているものですので、何軒か不動産屋をまわって契約する賃貸事務所を決めると良いでしょう。社内に帰って契約した物件の利点も説明する必要があるので、いい物件を選択したいものです。