生活の中にある危険

オフィスビル

コンセント部分は定期的な清掃と異常確認が必要です

室内にある電化製品を便利に使うために、あれもこれもコンセントに繋ぎ、気が付くとたこ足配線になったりしていませんか。家電の数は増えても、一部屋にあるコンセントの数は増設しないと増えません。コンセントは、日頃から漏電の心配などから、定期的に清掃をすることが大切です。また、劣化していくと内部の配線が断線したりして交換が必要になります。照明が付かなくなると、つい照明自体の故障と考えてしまいがちですが、差し込んだコンセントの接触不良だったり、壁面スイッチ部分が壊れていることがあります。最近ではパネル部分を新しいデザインのものに交換するパーツが数多く販売されています。交換をする際には、コンセントに異常がないかも合わせて調べておきましょう。

エアコン設置時には適正の電圧に変更しましょう

コンセントを交換する機会が多いものに、エアコン設置があります。エアコンは近くにコンセントが必ず必要になります。取り付けをしたい場所にコンセントがなかったり、エアコン機種の大きさにより、コンセントの場所を変えなくてはいけない場合があります。エアコンは消費電力がたいへん大きく、機種により200Vの電圧に替えなければいけません。ブレーカーにエアコン専用の空きスペースがあるか確認しておきましょう。専用回路を増設しておかないと、他の家電と併用して使用することができなくなります。また、たこ足配線による事故が多発しています。配線を整理して、モール工事などで見た目も整えることで、埃が溜まりにくくなります。事前に手間を掛けておくと、日頃の掃除が楽になります。